石川県小松市の学習塾

ファーストアカデミー

小中高一貫個別指導 小松駅前、粟津駅前、教室は駅近!
 0120-44-5981 
 受付時間:平日10:00~22:00
トップ > ファースト・アカデミーについて

ファースト・アカデミーについて

成り立ち

石川県小松市に位置し、1995年に設立した学習塾です。 現在は小松市で3教場を運営しております。 対象学年は小学生3年生から、高校3年生まで一貫教育ができる、地域密着型の学習塾です。 2004年には学校法人 代々木ゼミナールのサテライン予備校に加盟し、少人数体制から高校生の個別指導までどのような要望にも応えられる受験体制を確立しました。

生徒さん・保護者さんの喜ぶ顔が見たい!

この理念をベースに創業以来、職員一丸となって指導しています。



方針

2020年の大学入試センター試験より新共通テストへの移行に伴い、テストの新テストの出題傾向に合わせた発問を高校生はもちろん小学生・中学生にも常に問いかけ、熟考させることを目指しています。



目標

国公立大学の後期試験合格枠が推薦入試枠に変更になることを踏まえ、定期テスト対策を更に充実するよう中学生・高校生は定期試験の5日前までにはワークなどを完成するカリキュラムを組みテスト直前までは時間的負荷をかけ、ケアレスミスを少なくする演習を実践していきます。



少人数個別指導

個別指導をうたう学習塾は多いですが、ファーストアカデミーでは生徒ひとりひとりの学習目標に応じた授業を行うというのがモットーです。 長年この地域密着型王道スタイルで南加賀地区に密着して学習塾を続けており、卒業生が親御さんとなり、お子さんが通塾するケースも少なくありません。

信頼と実績で、地元No1学習塾を常に目指しております。



地域密着型王道スタイルとは

地域密着型王道スタイルとは、長年小松市に密着し少人数指導を行ってきたファーストアカデミーだからこそ可能なスタイルです。 生徒ひとりひとりに合わせたレベルでの指導体制を整えています。 南加賀地区の高校に焦点を当てることで、各学校の倍率、難易度、合格目標点を常に研究し、志望校合格のため学習以外の面でも全力でサポートさせていただくのがファーストアカデミーのスタイルです。 学力の低い生徒にも寄り添い、生徒が本当に行きたい高校、生徒のためになる高校に入学できるよう全身全霊で指導にあたります。



個別面談

入塾時に個別面談。成績不振の際には、学習アドバイスなど生徒さんと個別で相談いたします。 また、年3回の保護者会を実施するなど、生徒さん親御さんとのコミュニケーションを大切にしております。



コストパフォーマンス

質の高い授業を、ご納得いただける価格で提供しております。 テレビCMなど高コストにつながる宣伝広告費は削減。 授業の質を高め、塾生、卒塾生による口コミをメインで運営しております。



詳しくはファーストまで、お問い合わせください。

塾からの提言

 21世紀の日本は、確実に自己責任型の社会になる。そうした社会では、自己の価値観や正義感を確立する必要がある。戦後、日本人はそれらを全て他の者に預けて、ひたすら経済を追求してきた。その代償は教育においてあまりにも大きい。親は子供に示す価値観を持たず、安易に流れ、「子供の主張性に任す」という美麗の放任主義に走り、ついには放任から放棄へと移りつつある社会現象がニュースとなり始めた。

 子供の主張性とは如何に育まれるか。それは、多くの価値観とぶつかり、悩み、反発し、比較検証することから自然と自らの価値観を形成し、その過程を通して自主性を育てるのである。我々大人は、その責任として、恐れず、侮らず、見くびらず、子供たちに対して自らの価値観をぶつけるべきである。たとえ、それが我々にとって苦しい選択であっても。

 そうした場合に、絶対避けなければならないことがある。それは、反論を許さない抽象的な話に終始することである。例えば、いじめやそれに関する自殺が問題となった時に、有識者会議等で「命の大切さを教えよう」「子供の立場に立った教育をしよう」などという意見が出されたが、どれも反論の余地のない、もっともな意見ゆえに誰も実行できず、結局何も変えられないままである。また、「何故勉強しなければならないのか」という問いに対して、「将来のため」「自分のため」ではまったく説得力を持たない。まだ、「良い学校に行って、良い会社に入って、安定した生活をするため」のほうが、その是非は別として、子供にとっては反発、反論の余地があるだけ有益な回答である。

講師紹介

小川先生

担当:国語、英語、社会

国語・英語・社会を通じて生徒が解けなかった問題が解けた時、 思いっきり褒めたたえ、逆に解けなかった場合、なぜ解けなかったのかを生徒とともに考え、 励ましながら解答を導くことをモットーに情熱を注入します。

宿谷先生

担当:高校英語、英検、小論文

「不易流行」は、芭蕉の芸術創作上の理念を表した言葉です。「世の中の変わらないものと、 変わっていくものを取り入れて作品を創っていこう」という態度です。 年々、入試制度は変わっていますが、確かな目標と努力があれば、夢は必ずかないます。 受験生と伴に。合格への方策を見つけるのが、私の使命です。



中村先生

担当:高校数学、中学数学、中学理科
数学はスピードと正確性です。時間をたっぷりかければ、解ける子は多いのですが・・・が、試験では解けない。 受験数学は、解ける解けないで差がつくのではなく、年々スピードで差がつく傾向にあります。 15分で解ける問題を10分で解くには、細やかなテクニックが必要。「解けたからOK」ではありません。 「何分で解けたか?」これが重要です。 受験数学に打ち勝つ、スピードと正確性を伝授します。

山本先生

担当:英語、社会、国語
塾に来る目的は効率よく学習することです。同じ内容であれば1時間で覚えるよりも30分で覚えた方がいいに決まっています。しかし、多くの生徒が考える効率のよい勉強は、ただ楽をしているだけな場合がほとんどです。学習には効率的なインプットと徹底的なアウトプットの両方が必要です。分かりやすい授業と家庭学習の管理、覚えるべきポイントを明確に伝えることで、受けっぱなしで終わらせず結果を重視した指導を目指します。

ページのトップへ戻る