小学生コース









 携帯サイトはこちら

 
 小学生コース
 ■小学生の学習について
 私は、小学生の間は、特別な事情がない限り、塾に通うべきではないと思っています。なぜ小学生なのかについての説明は、また別の機会に譲り、ここでは、低学年時に塾へ行くべきではない理由を2つ挙げさせて頂きます。 

 まず、
小学生の間は、親が子供の勉強を見るべきだという理由からです。それは、分からない所を教えてあげるという意味ではありません。小学生の勉強といえども、かなり難解な内容の単元があります。それらに全て答えるのは難しいでしょう。私が言いたいのは、一緒に勉強する時間を作って頂きたいという事です。1日15分で構いません。ただ、勉強しなさいというだけではなく、漢字の書き取りや四則計算の復習を一緒にしながら、親子の対話の時間を作って欲しいのです。九九の練習などは、お風呂の中でもできますよね。もし、解決できない問題が出てきたら、担任の先生に相談されたらいいのではないでしょうか?まずは、親子の絆をしっかりとつくりあげて下さい。

 もう1つの理由は、遊びの中から得るものが、後々、大きな財産になるという事です。野球やサッカー教室に通っている人もいるでしょう。また、ピアノや習字、そろばんを習っている人も多いと思います。ですから、なおさら、小学生の間は、友達や地域の仲間たちと遊ぶ時間を大切にして欲しいのです。大脳生理学上も、十歳という年齢が、心身発達の1つの区切りになるそうです。
 塾の卒業生で、金大医学部を卒業して、今、医院を開業している人などが数人います。彼らに共通しているのは、小学時代は大いに遊び、中学でも部活動に熱中して、3年夏の大会まで、部活と勉強を両立させてきたという点です。時間があれば勉強できるというものではありません。ポイントは、短い時間であっても、いかに集中して、効率の良い勉強ができるか、という事なのです。
 
 ファーストグリーン倶楽部
とは言っても、やはり、塾に行かないと不安だという方がおられると思います。そこで、塾に費用をかけず、小学時代に基礎学習力をしっかりと見につけさせたいというお父さんお母さん方をサポートするために、「ファーストグリーン倶楽部」を発足させる事にしました。対象は、小学生です。週1回、約1時間の学習をもとにして保護者の方とも話し合い、家庭学習の方法などを提案していきます。もちろん、電話などでのご質問にもお答えします。更に詳しい内容について、直接ご説明致しますので、お気軽に塾長小川までお問い合わせください。

 しかし、あくまで親子で話し合って問題点を解決したり、一緒に勉強したりしていくというのが基本ですから、塾に全てをお任せという考え方は困ります。基本理念は、家庭学習のサポートを、ご両親と連携しながら行い、地域の子供たちの健やかな成長を促すというものだからです。

 小学時代の学習習慣と勉強量が、将来を左右すると言っても過言ではありません。私の今までの経験を、少しでも子供たちと地域の皆様方に還元できればと思っています。

尚、授業料は1〜5年生が一教科5,000円、6年生が一教科5,500円となっています。
入塾金10,000円の他に、教材費として学期ごとに1,500円を納入して頂きます。指導教科は、算数と国語と英語の3教科です。ご理解の程よろしくお願い致します。
もどる